試着の重要性

髪の毛サラサラの女性治療による脱毛は一気に起こるわけではありません。殆どの場合、治療開始から一定期間で徐々に脱毛し、やがて完全に毛が抜け落ちます。医療用ウィッグを使う期間は治療開始から脱毛期間を経て、治療終了後に髪が生え揃うまでです。個人差はありますが、目安として1年半~2年ほどが想定されます。それだけの長い期間で付き合いますから、自分に合ったウィッグを選ぶ事が大切です。

そして多くの人は完全に脱毛してからではなく、脱毛が始まったタイミングで医療用ウィッグを使い始めます。医療用ウィッグは多くの人にとって毎日、長時間身に着けます。そのため医療用ウィッグは価格やデザイン、色だけではなく、つけ心地、フィット感も大切です。フィット感はカタログや店頭で商品を見るだけでは分かりません。

医療用ウィッグは必ず試着をしましょう。通販の場合は安く買える事もありますが、試着ができないため、お試し期間を設けている販売会社や実店舗があり試着可能な販売会社を選ぶ事をおすすめします。特に既製品を購入する場合は試着が必須です。サイズは予め知る事ができますが、サイズがぴったりだからと言って装着感が良いとは限りません。治療期間を快適に過ごすためにも、試着をして実際の装着感を確認しましょう。続いては、試着時の注意点について説明します。

医療用ウィッグの購入

医療用ウィッグの購入方法は主に二通りあります。一つは実店舗を訪問し、直接購入する方法です。もう一つは通販で購入する方法です。医療用ウィッグの購入は実店舗での購入がおすすめです。医療用ウィッグは治療による脱毛開始~治療終了後、発毛完了まで使用します。この期間は個人差がありますが、1年半~2年が一般的です。長い期間付き合う医療用ウィッグですから、自分に合った商品を選ぶ事が大切です。

ウイッグの試着医療用ウィッグはオシャレ用のウィッグと比べて値段が高い事も多く、気軽に買い替えができません。快適に使える医療用ウィッグを選ぶために必要なのは試着です。医療用ウィッグは頭全体に装着するものですから、装着感が悪いと大きなストレスになります。サイズは通販でも確認できますが、サイズがぴったりだからと言って装着感がいいとも限りません。もし店舗に足を運ぶ余裕がない、どうしても恥ずかしいため通販で購入したい場合は、お試し期間があったり見本を試せるなど、医療ウィッグの試着ができる通販サイトを選びましょう。

試着時はサイズの変更を想定する事も大切です。頭は脱毛が始まると小さくなり、発毛が始まると大きくなります。まだ髪がある状態でぴったりのサイズを選ぶと、脱毛した時に医療用ウィッグが緩くなる可能性もあります。小さな違いですが長く身に着けるものですから、小さな違和感がストレスとなる場合もあります。購入時はサイズ調整が可能かも確認しましょう。アフターサービスとしてサイズ調整に対応しているかどうかも、購入前に確認しておくと安心です。