試着の重要性

髪の毛サラサラの女性治療による脱毛は一気に起こるわけではありません。殆どの場合、治療開始から一定期間で徐々に脱毛し、やがて完全に毛が抜け落ちます。医療用ウィッグを使う期間は治療開始から脱毛期間を経て、治療終了後に髪が生え揃うまでです。個人差はありますが、目安として1年半~2年ほどが想定されます。それだけの長い期間で付き合いますから、自分に合ったウィッグを選ぶ事が大切です。

そして多くの人は完全に脱毛してからではなく、脱毛が始まったタイミングで医療用ウィッグを使い始めます。医療用ウィッグは多くの人にとって毎日、長時間身に着けます。そのため医療用ウィッグは価格やデザイン、色だけではなく、つけ心地、フィット感も大切です。フィット感はカタログや店頭で商品を見るだけでは分かりません。

医療用ウィッグは必ず試着をしましょう。通販の場合は安く買える事もありますが、試着ができないため、お試し期間を設けている販売会社や実店舗があり試着可能な販売会社を選ぶ事をおすすめします。特に既製品を購入する場合は試着が必須です。サイズは予め知る事ができますが、サイズがぴったりだからと言って装着感が良いとは限りません。治療期間を快適に過ごすためにも、試着をして実際の装着感を確認しましょう。続いては、試着時の注意点について説明します。